診療のご案内 矯正歯科
矯正期間を短期間に、快適にすごす
矯正とは、ワイヤーの強制力による方法ですが、極力細いワイヤーを使用することと、ブラケット
(ワイヤーを歯に固定する止め具)も透明のものを使用するので殆んど目立ちません。
そして、歯の裏側に器具を取り付けてまったく見えない状態での矯正も可能です。

マウスピース矯正
透明のマウスピースにより、歯を移動させる新しい矯正治療です。「ご自分で取り外しが可能」・「痛くない」・「金属アレルギーの方も利用できる」・「治療期間が早い」等のメリットの高い治療法です。そしてストレートラインが、他のマウスピース矯正と異なるところは、日本伝統の「匠」の技による手作業であること。詳細な移動・緻密なかみ合わせにより、ほとんどの症例で「マウスピースだけの治療」が可能です。

PAOO(Periodontally Accelerated Osteogenic Orthodonics)
骨外科処置を強制治療を開始する約2週間前に行うことにより、歯槽骨の代謝が活性化される為、通常であれば2年~2年半かかっていた治療期間を6~8ヶ月程度に短縮できます。
全顎的な矯正治療にPAOOを応用した症例

処置前   外科処置に先立ち、矯正装置を装着する。   頬側、舌側の歯肉を全層弁で剥離し、歯根間の皮質骨に対してdecorticationを行う。
骨表面に骨移植材を置く。   単純縫合にて頬舌側の歯肉弁を縫合する。   8ヵ月後に矯正治療を終了し、装置を除去することができた。

お気軽にご相談ください 無料韓背リングも承ります 診療のご予約 無料カウンセリングの予約